キッチンお披露目会で、水道業者の友人R氏に水回りの弱さを指摘されました。弱さと言うのは凍結に対する弱さの事です。

さっそく材料を揃え対策することに。
と、言っても材料はこの2つだけ。
▪️350mmパイプ
▪️凍結防止カバー
あとは工具。
IMG_20190106_154926

最初に湯沸し器のパイプを短くします。
これは後にカバーを被せやすくするため。
IMG_20190106_155048

フレキシブルパイプは長さ450mmから350mmに交換しました。
IMG_20190106_160439

次は水道管にあわせて凍結防止カバーをカット。
カバーの内径は水道管と同じΦ13。
素材は発泡ウレタンをグレーのビニールで覆っています。
IMG_20190106_160736


あっという間に作業は終わり。
カバーは粘着テープ付きで外れないようになっています。
IMG_20190106_162744

雰囲気が少し外っぽく見えるので、冬が終わったら取り外す予定。
IMG_20190106_162331

これでも気休め程度の対策です。
強烈な寒波が来るときは水道元栓を閉め、パイプ内の水をしっかり抜かないと、中で凍った水が膨張してパイプが破裂。
破裂と書くと一瞬で水が吹き出すようなイメージですが、実際は寒さが緩んだ次の日などに、水道管がゆっくりと解凍されながら水漏れするパターンが多いです。(何度か経験あり) shun