個人的にドマカフェ史上初の快挙と思っている毎日のブログUP。
去年の10月5日から、休まず記事を上げるのは思っていたより大変。



そんな苦労を知ってなにかの力が働いたのか、一冊の本が目に留まりました。それは「アンネの日記」。


教科書に少し話が出てきたくらいしか実はよく知らない、この有名な本。

アンネの感性と独自の表現が惜しみ無く発揮されたこの本を読み進めたとき、アンネ フランクは今で言う、最強のブロガーだと思いました。

自分の心の中にある思いや感情を、あれだけ豊かに書けるなんて凄すぎる。
隠れ家での日常を、まるで親友のように目の前で話してくれるような文章は、日記の枠を通り越していて衝撃的でした。


ブログの大先輩といえるアンネ フランク。
その日記は文章を書く人の、手引き書といってもいいかもしれない。
この程度で毎日のブログが大変なんて、偉大なアンネ先輩を知ったら恥ずかしくて言えなくなりました。shun