東京から帰り、自分を取り巻く現実のあまりの生々しさに戸惑ってしまいます。

悔しいけど、自分の人生の歯車は確実にこっちで回っている。
そんな実感が、あんなに慣れ親しんだ東京をも片隅に追いやってしまうのが悲しいのです。

自分と島根の間にあるわだかまりは、たぶんその辺りなんだと思います。shun