domacafe

三瓶の小さな集落にあった祖母の生家をセルフリノベして 2005年からドマカフェを夫婦で営業しています。 2018年からカフェ営業日を減らし、 ベーグルやスイーツ教室始めました。 2019年からベーグルとスイーツの通販を始めました。

カテゴリ:

津和野太鼓谷稲成神社に行きました。
津和野津和野朱色がまぶしい。










鳥居をたくさんくぐると、それだけでご利益がありそうです。
いなり寿司が食べたくなる場所。
おあげをお供えするんですよ。


めったにおみくじしないのですが、
今日は引いてみることに。
小吉でした。かわいい招き猫付。
千客万来!たいせつにしよーっと。

津和野今年も刺激と笑いと感動をもらいに、津和野「思黙庵」に行きました。
飲食業の友達夫婦とチームドマのいつもの4人で。
ランチだけだと600円で10品(すこしずつだよ)は出ます。
そしてデザート付にしたら1000円也。
今回デザート3品出ました!

客席はお茶室、フレンチ屋なのにガチ和室!
飲み物は持込が基本!
「魚市場」スタイルのシェフの接客はフリースタイル!
あー楽しい。

野菜も魚介も肉も、
素材の味がめちゃめちゃ引き出されてて、
「食べる」って五感を使うんだわ〜。と思い知らされます。

到底マネはできないけど、
ヒントたくさん
もらいました!

しまなみ帰り、
しまなみ海道を向島で下りて、フェリーで尾道に上陸してみました!
大人60円
車100円
の3分間の船旅。たのしい。
尾道尾道を散策。
細くて急な坂道や階段を登ってみた。
下りはケーブルカー使いました。
280円也。

憩憩憩瀬戸田(生口島)の
「蛸処 憩」さんの蛸のコース料理をいただきました。
6品で3150円也。
刺身が絶品。
蛸飯のたこもやわらかい!
もちろんイボの唐揚げがぷりっぷり。

ペイザン天然酵母&石釜焼。
ものすごくおいしいパンです!!!

ペイザンさんご夫婦に5年ぶりに会ったのに、
いつも会ってる人のような気分。
やわらかーいおふたりです。

しまなみ向島(むかいしま)在住3年の友人夫婦に連れて行ってもらった「高見山」からの眺めです。

海抜0メートルから一気に200メートルをクルマで登れます。

海がおだやか〜!!

旅人はみな日本海が日常なので、
瀬戸内にうっとり。

しまなみしまなみどの島にも造船所がたくさんある。
広い敷地でオープンキッチンの如く、作業が丸見えなのだ。
萌えまくり。

しまなみ5年ぶりにしまなみ海道の旅に行きました!
瀬戸内の尾道から今治までの
点在する7つの島々を結んだ道路です。
チャリダーたちの聖地。
わたしたちは
蛸とパンと友人に会いに。

出雲大社こんな日に行かなくても。。。
っていうくらい悪天候な今日、雷雨、強風の中、
出雲大社に行ってきました。
こんな日もやっぱり観光客さんは多くて、さすが大遷宮ですね。


出雲大社こんな後ろから見晴らし良かったっけ?昔。
後ろからも荘厳でした。
桧皮葺がきっちりしてて、見てて気持ちいいです。




まるこ雨宿りに、カフェまるこへ。
コーヒーいただきました。
おいしかった。

熊谷家石見銀山「熊谷家」のイベントに参加しました。

ワカモンは普通に生きてるといろいろ失ってるものが多いぞ。
古き良き日本をフルイモンから伝えてもらわないとだね。
で、けっこうおもしろいし。

奥出雲で牛飼い・田んぼ・畑・季節の行事たくさんをこなしている泰中静江さん(83歳)と
「熊谷家」館長小泉和子さんとの対談を聞きに行きました。
お客さんはほとんど年配の方々で、うなづきながら懐かしそうにみなさん聞いておられたけど、私は「へー!!」と言うばかり。知らないし聞いたことないことがいっぱい。
料理の名前などは聞いたことあるけどね。
静江さん、しゃんとされているかたでした。さすが。

熊谷家すげー。(初めて行きました。)
見ごたえたつぷり。
銀山って活気があったんだなーというのがわかるよ。
2階からの眺めは、もうロケで使えますね。現代のものが一切無いですね。
熊谷家






1階の縁側から見える晩秋風景なんかも最高な
わびさび。
茶道などしたくなります。

熊谷家

展示品もとても楽しいよ。

写真は布で制作されたおかずたち。
すごく上手!!!みかんなんかもう果汁まで感じるよね。
布でリアルに作られたものが他にもたくさん。
熊谷家スタッフさんたちの力作です。

銀山行ったら熊谷家ぜひ。

↑このページのトップヘ