domacafe

三瓶の小さな集落にあった祖母の生家をセルフリノベして 2005年からドマカフェを夫婦で営業しています。 2018年からカフェ営業日を減らし、 ベーグルやスイーツ教室始めました。 2019年からベーグルとスイーツの通販を始めました。

カテゴリ: 映画

マーダーボール「マーダーボール」
殺人ボールとも呼ばれる車椅子ラグビーのアメリカ代表チームのドキュメンタリー映画。
車椅子はラグビー用に特注。試合でボコボコになった車椅子はとてつもなくクールっす。
タックル(ぶつけ合う)でひっくりかえちゃったりするんだけど、慣れてないと「えー!大丈夫?!」てびびるね。でもそれが普通。
選手それぞれの車椅子生活になるいきさつもつらいものがあるが、乗り越えてこれるんだなと。弱くない。
女バス邦題は「女バス」。
原題は「Heart of the game」
アメリカ映画

バスケ好きの大学の経済学の教授が高校の女子バスケの監督募集に応募し採用されて、数年後ベストオブ監督賞などとってしまうほどになる。

才能あふれる選手
ユニークな監督



試合以外のこともからまってくるが、
前向き。
監督やリーダーの資質がちょっとわかったりする。

最近観たイラン映画2本
ペルシャ猫を誰も知らない
オフサイドガールズ

kanaeの一番最初のイラン映画は「友だちのうちはどこ?」(アッバス・キアロスタミ監督)をテレビで見たこと。そのシンプルな内容なのにドキドキさせられ泣かされ、もう虜になったのでした。
それから映画イベントで「アッバス・キアロスタミ特集」があったときもミニシアターに通い、そのとき上映されたものは全部観たよー!

イランものはひとまず観るクセができたのでした。

最近観た2本もすっごく良い!
いつもツボなイラン。

イランは社会的宗教的に制約がすごくある。
その中で表現しないとなので
どこにもない表現方法が生み出されるのかな。

サインサヒメルさんのプラネタリウム映像「秘密結社鷹の爪 ブラブラブラックホールのナゾ」のFROGMANさんの舞台挨拶が8月8日にあるというウワサ(確実な情報でした。HPに載ってた)をあるスジからきいたのです。
うれしいことに月曜日じゃないですかー!!
行こうと思えば行ける、しかもほぼ町内で!
、というわけでkanaeはサヒメルさんに単独で行ってきました!



kanaeのようなマニアは2〜3人くらいかな。。。?
みなさん夏休みの家族連れでたまたま14:30の回を見るってかんじで並ばれていました。でもでもさすが満席でした。
映像は20分くらいで、ブラックホールって何だろうっていうテーマで鷹の爪団たちが宇宙に行ったりします。かわいい。ブラックホールって1個だと思ってたら1億個とか?なんだっけ?めっちゃたくさんあるみたい。。。そんなに悪者でもないしね。おもしろかったよ。
舞台挨拶は、
ナマ総統とかナマ大家のおばさんの声が聞けましたよ。
わーい。

サイン会とか無いみたいなので、
サヒメルの展示「きらり鉱物展」を見て、(色がきれいだったわー。)
次の映像「きらめきのなかで」とか見て、(ちょっと気持ちよくて寝ちゃったわー。)
帰ろうと思ったら、ロビーにFROGMANさんがおられたのです。

お話できました。
ちょっと舞い上がってたね。反省。

サインしましょうか?と言われてサインいただきました。吉田くん付き!
その上、写真も撮りましょうか?って言われて撮ってもらいました。奥様に!!
なんとゴージャス。

ありがとうございました。
島根でゆっくりされるといいんだけど。刺身とかいっぱい食べてね。
島根の自虐ネタとか仕入れてね。

Rickykanaeが「ぼくを葬る(おくる)」ではまったフランソワ・オゾン監督。
検索してみたら撮られた映画の題名は全部知ってた。観たいなと思ってた映画の監督さんでした。1個も観てなかったんだね・・。
今ひとつずつ観ています。

さて、レンタル開始されたばかりの新作「Ricky」リッキーを観ましたー。

いろいろ撮るね。でもエンターテイメントしてる。
どうして羽根が生えちゃう設定にしたんだろう!
赤ちゃんの名前がリッキーなんだけど、あかちゃんの動作だけでもかわいい。そんでもって羽根!
ファンタジーじゃないよ。

ヤング@ハート平均年齢80歳のコーラスグループのドキュメンタリー映画。
「楽しそうな映画」と思い借りたら、
なんとkanae号泣!?どした!?


うたっていいね。
うたもうたうひとも。
ちきゅうにうたがあってよかった。

ソニックユースやトーキングヘッズ、コールドプレイ、ジェームス・ブラウンとかだよー!

ウォンテッドジェームズ・マカヴォイの「疲れ顔」が好き。

映画「ペネロピ」のマカヴォイが良かったので、この「ウォンテッド」も借りてみる。


そしたらおもしろかった!
グロいシーンもあって、ちょっとビビリますが、
ありえないことも満載ですが、
「良い!」
マカヴォイ

ジェームズ・マカヴォイの「疲れ顔」
「WANTED」より。


ちなみに、
kanaeの「好きな顔、3大俳優」
もう2つは
イーサン・ホーク
イーサン・ホーク(右)の「困り顔」

「その土曜日、7時58分」より。
この映画も良かった。


クリストファー・ウォーケン
クリストファー・ウォーケンの「無表情顔」が好き!

全然無表情じゃないけどこの写真。
「スリーピー・ホロウ」より。
この役はすごく良かった。

ヒアアフター東京最後の夜はその日封切の映画「ヒアアフター」を映画館で観た。
最初の津波シーンで鷲掴みにされたかんじ。
映画館で見たほうがいいよ。
双子の弟、この子がよくて、泣きます。

映画を見終わった後は、一気に3人の主人公の「これから」を想像しまくってしまうのです。半分は自分で物語を作るが如くで、心が揺さぶられる仕組みになってます。
にくいイーストウッド監督です。

ハーブ&ドロシー
観たかったやつ。
好評でロングラン上映してるので観れました。

久々のイメージフォーラム。60席くらいしかないミニシアター。
この雰囲気にまた浸れて感激。

ハーブ&ドロシー
びっくりです。
美術コレクターってお金持ちしかできないかと思っていたよ。
普通の人(どっちかというと低所得かな。親近感あったよー。)でも、情熱でできるんだね!
いいものはいい。
お部屋にアートを!

大いなる休暇おもしろかったよー!

「大いなる休暇」

先が読めないおもしろさ!
はらはらもするし、笑えるし、生きるってこういうことかなって思いもめぐらせられたりもする。

アンストッパブル観ました。
たまには映画館でこんなのも観たい。それも公開直後に。

デンゼル・ワシントンものはなぜか避けていたんだけど、これはするっと楽しめたよー!
無人の貨物列車が暴走しちゃいます。ベテラン&新人ペアの2人が止めちゃいます。unstoppable

↑このページのトップヘ