domacafe

ドマかなえの祖母の生家をセルフリノベして 2005年からギャラリー 2006年からカフェギャラリー 2018年からスクールdomascool営業しています。 2018年1月から向かいの物件でドマしゅんのお店も始めました。

「ドマカフェ14年目」
ドマカフェファンのブログ読者のみなさまへ

ドマカフェは2018年4月から
営業形態が変わります。

今までの毎週金土日営業のカフェのかたちはしばらくお休みいたします。
いつも
ドマカフェに来てくださっているみなさんや、
ドマカフェに行きたい!と思ってくれたり、
ブログメニュー告知を楽しみにしてくださっていたみなさんには
本当にごめんなさい。

また新たな一歩を踏み出したチームドマを、
よろしくおねがいします。

ドマカフェは、
☆一年を通して月に2〜3回開催の
「ランチ付き教室」にて営業いたします。
☆ドマカフェ駐車場前物件「メサドライブ」は
セレクト雑貨とお持ち帰りドマフードのお店になりました。
毎週土日11:00〜17:00
(※出張ドマカフェなどのイベントの日はメサドライブはお休みの場合があります。ドマカフェブログにて確認してくださいませ。)
☆出張ドマカフェやケータリングのお仕事も通年対応できます。
ご相談くださいませ。

カテゴリ: shun

三瓶スキー場がワイナリーになったことは知ってたけど、今までなかなか行けず今回やっと双子と共通の友人と3人で行ってきました。

IMG_20181123_145240

3人とも昔の懐かしいスキー場のイメージそのままで行ったので、建物に近づいた時はかなりショック。面影は全くなし・・どっかのリゾートに来た気分!?
IMG_20181123_144924

外には席もあり、植えた木もすでに大きい。これからもっと手を入れていくであろう庭。
IMG_20181123_144411


中にもビックリ。
ワインに合う食材や地域の物産がおいてあるショップが結構豪華。

外を望むカウンター席があり、そこでワインの試飲も出来るようでした。
IMG_20181123_143305

見せてくれた葡萄。ふじの夢とフランスのメルローを混ぜた品種らしいです。
IMG_20181123_144457

置いてあるワインで一番飲んでみたいと思ったのがこれ。
ボトルを光に通して見ても、まったく透けないくらい濃いワイン。
まだ葡萄の品種と器具の相性を見たりしてるらしく、来年からもっとボトルの種類も増えてくると言っておられました。飲んでみたい!shun

IMG_20181121_145428

グランピング。今はお洒落なキャンプのことをこう言うらしい。

そんな旬なグランピングが三瓶に来ているというので見に行きました。

これから増える欧米からの旅行者に向けて魅力ある地域と体験の場所として三瓶山をモデルに、グランピングと神楽をリンクさせて新しいツアーの開発を目指す企業のイベント。

今日は県や市の職員やメディアに向けた公開日でした。








IMG_20181121_150820
会場は三瓶西の原。
ワンポールテントが並び、その統一感がすでにおしゃれ。
自分が興味があったのはそのテント、北欧の老舗ブランド「Nordisk」。

シンプルでしっかりした生地、3ピース構造で設営も一人で出来るくらい簡単らしい。





IMG_20181121_150040









テント生地のクリーム色が優しすぎると思ったけど、中に入るとこれが逆に落ち着くことが分かりました。





IMG_20181121_151555













キャンプのすべての備品とスタイリングは一年前に大社に出来たBSKKさんが手がけたこともあり、今ふうのキャンプを一歩進めたセンスが雰囲気作りに生かされていました。

代表の方と(たぶん)短い間だけど色々と話すチャンスがあり楽しい時間を過ごせました。今後も継続的に開催して、都会の人や外国の旅行者にとって三瓶山がいい宣伝になるツアーの商品化を期待しています。shun

コブツカイ












廣島古物會、終了!
とにかく今はやり切った感がすごくてこのブログを書いてる途中に寝そう。

イベントはうわさ通りすごい人の数でした。
中央公園も初めて行ったけど、公園を見守るように隣接する団地が良い。
アウェイの状況なのにその団地のおかげか何とも暖かい雰囲気。
そして出店してる個性的なお店の数々とその店主たちが皆一味違う感じが出ていて、それに加われた事が一番うれしかったです。

最後に同じ島根から出店したみなさん、お疲れ様でした。
現地助っ人の二人、
わざわざ会いに来てくれた友人たちに感謝!

ドマカフェも飲まず食わず寝ず座らずで頑張ったつもり。
今から簡単に爆睡できそう。shun

バンドhubris

ここのところメサドライブの仕事中によく聞く音楽。
「Hubris」。

スイスのバンド。メンバーは4人。
音楽は、歌なし/ポストロック/アンビエント。
詳しいことはこれしか知らない。

でもすごくいい。

アルバムを通して全曲がつながってる。
グイグイと引き込まれるグルーブに、ループ系の音。
曲によりchillout 系にも思える。

今まで聞いた事がない音。
こんなすごいバンドがいたなんて!
shun

IMG_20181107_162010
最近のブームはツナギ。
お気に入りをやっと見つけた。(左肩のワッペンは友達からのプレゼント)
いわゆる作業着としてのツナギではなく、程よい位置に下がったポケットやカジュアルなシルエット、ヒッコリー柄の厚手の生地で着てみると少しお洒落に見えるのが気に入っています。
好きなカットソーを組み合わせれるので半袖タイプを選びました。


庭仕事や車をさわるとき、後ろのポケットに工具や黄色のKincoグローブを(メサドライブでも取り扱っています)入れておくだけで様になるのもポイント高い。
気分はアメリカの農場や工場で働くプロっぽい人(笑)これだけでテンションが上がり仕事に熱が入る。shun
IMG_20181107_162124

今日のタイムスケジュール。
◾9:00- (三瓶) 近くに住む助っ人友達をピックアップ。
◾10:00- (大田)また別の友達が持っている軽トラを借りにいく。
◾10:05- (大田)そのまた別の友達の実家へ薪を引き取りにいく。
◾11:45- (三瓶) ドマカフェで薪の積み降ろし作業。
◾13:30- (大田)昼休憩
◾14:30- (大田)某所へ使わないトラクターの引き取り。
◾15:45- (三瓶)そのトラクターを次のオーナー(さんべに住む別の友達)の家に運搬。
◾16:20- (大田)軽トラの給油。
◾16:40- (大田)軽トラを返却。
◾17:00- (三瓶)助っ人友達、家に送る。
◾17:15- (三瓶)ドマカフェ着。

今日の作業に携わったすべての友達たちに感謝。
よく体を動かした充実の1日でした。shun











メサドライブにおいてある黒いマツダのクルマとはもう25年の付き合い。
発売されてからすでに30年以上たっている今では滅多に見ない珍しい車。この前なんてガソリンスタンドで店員に「外車ですか!?」なんて聞かれる始末。そんな超ド級のマイナー車。
もうとっくに世間から忘れ去られたと思っていたこの車が今週に入っていきなり脚光を浴びることに!何とむかし乗っていたというお客さんが2人も現れたのだ。
長い間、自分だけしかこの車の価値を知らないと思って過ごしてきたから、
この急な展開には驚いてしまいました。
一人とはLINEでつながり、もう一人とは、これからも会う機会がありそうです。
こんなご縁もあるのですね。
今まで車を手放さない自分もえらいけど。
shun

薪ストーブ明日はベーグル教室の2回目ですね。
天気があまり良くないようなのでパン生地を発酵させる気温が心配ですが、朝から薪ストーブを焚くつもりなので大丈夫だと思います。

前回のベーグル教室は生徒さんたちと一緒にランチの準備ができたのですが、皆さんいい感じの生徒さんばかりで、ふだん何をされているのかとても気になりました。(あとで知りましたが自己紹介タイムがあったらしいですね)教室やランチも素直に楽しんで頂きありがとうございました。

明日はドマ向かいのメサドライブもオープンのためランチの準備を一緒に出来ませんが宜しくお願いします!
それではドマ本丸とメサドライブでお待ちしております。

shun


■ドマスクール11:00〜15:00(平地と山の気温は違います!服装は厚着で)
■メサドライブ11:00〜17:00

今日の三瓶はスッキリした空気と日差しでなんともいい一日でした。
3月に植えたジューンベリーは、少しずつ葉が秋らしい色合いになって冬に備え準備中。

人間のほうは11月に参加する「廣 島 古 物 會」の準備の事で頭がいっぱい。
2万人以上くるイベントと聞いたとき、緊張して少し目眩がした・・・
でも、やるっ!と言った以上がんばるつもりです。
今までにない経験ができ、それによって学べるし、きっと面白い沢山の出会いもあるから、それを楽しみにしながら準備します。そう思わないと圧力につぶされそうだし。 shun 

リンク↓
http://hiroshima-k.jugem.jp/

テント
この時期のワーシャ(猫)は元気。
動きにキレがありカフェ中を走り回る。
それでも足りない場合は専用のテントで遊んであげる。
そこで見せてくれる姿は、まるで狩猟本能の塊で出来たマシーン。
鳥の羽根を束にした遊び道具をヒラヒラと動かすと、全力で追いかけ中国の雑技団のように空中を舞い、見たこともないアクロバットな技を惜しみなく見せてくれる。
それはワーシャだけが主役の20分ほどの劇場。

ギャラリー(観客)がいると張り切って飛ぶことが最近判明したので予約チケット制で見れるようにしたらお気に入りのフランス製ドライフード代はワーシャが自分で稼げそう?shun







↑このページのトップヘ