domacafe

ドマかなえの祖母の生家をセルフリノベして 2005年からギャラリー 2006年からカフェギャラリー 2018年からスクールdomascool営業しています。 2018年1月から向かいの物件でドマしゅんのお店も始めました。

「ドマカフェ14年目」
ドマカフェファンのブログ読者のみなさまへ

ドマカフェは2018年4月から
営業形態が変わります。

今までの毎週金土日営業のカフェのかたちはしばらくお休みいたします。
いつも
ドマカフェに来てくださっているみなさんや、
ドマカフェに行きたい!と思ってくれたり、
ブログメニュー告知を楽しみにしてくださっていたみなさんには
本当にごめんなさい。

また新たな一歩を踏み出したチームドマを、
よろしくおねがいします。

ドマカフェは、
☆一年を通して月に2〜3回開催の
「ランチ付き教室」にて営業いたします。
☆ドマカフェ駐車場前物件「メサドライブ」は
セレクト雑貨とお持ち帰りドマフードのお店になりました。
毎週土日11:00〜17:00
(※出張ドマカフェなどのイベントの日はメサドライブはお休みの場合があります。ドマカフェブログにて確認してくださいませ。)
☆出張ドマカフェやケータリングのお仕事も通年対応できます。
ご相談くださいませ。

カテゴリ: shun

店内黒ゴマベーグルサンド旧車
shunです。
メサドライブにしてから初のGWが終わり
正直ほっとしています。
連休でドマを失ったカフェ難民たちが道路に溢れかえりその一部が暴動という勝手なイメージがあったのですが、それもなく無事に終えました。みなさん優秀で助かりました。


連休中はふつうに沢山のお客さんが地元や県外からメサドライブに来てくれました。
ドマスイーツやベーグル、限定ランチボックスも連日売り切れになり、
利用してくださった方々に感謝しています。

ドマカフェのときは忙しくて話せない人たちと、
しっかり顔をみて話ができたりこのお店のスタイルにして良かったと思うことが幾つかあり、
こちらも楽しい日々でした。

最終日には8年ぶりに会う車つながりの友人たちが広島からクルマ3台で来てくれ、
その後すぐに来たお客さんとも不思議と趣味が合う人たち全員で盛り上がりました。

一日ずっと雨でしたけど、それが吹き飛ぶくらい心が晴ればれした気持ちのいい最終日でした。

雪シュンです。

2017年終わろうとしている今日になってドマブログを書く気になりました。

自分にとって2017がどんな年だったか考えてみると、
毎日を淡々と過ごした一年でした。

ただ進んでいく物事に対処していく毎日

おかげで自分の中の基準がよりはっきりと見えてきて、ぶれない芯がさらに厚さを増した気がする。

これで保守的になったら困るけど、たぶん大丈夫!

きっとドマカフェやメサドライブにいい形で出せると思います。

ドマカフェを一年ありがとうございました。
冬の間の出張カフェやイベントでみなさんにお会いできたらうれしいです。
(shun)

1月の出張ドマカフェ3本
1/3(水) 11:00〜16:00ころ
ステッチクラフトさんの「初売り」初日におじゃまいたします!
お店のなかの一角がミニドマカフェに。

1/21(日) 11:00〜16:00ころ
巡回型フードフェス!「でんえんキッチン」
大田の花屋さんサザンクロスさん2階で小さな市をします。

詳しくは→Facebook でんえんキッチン

1/31(水) 10:00〜14:30ころ
さひめリトリートさん企画「プチモザイク」が冬の間はいろんな場所へ遠征に行きます。
ドマかなえも同行いたします。
1月は大田市内の
stay&cafe わもと さん
静間町和江漁港
にて開催します。

ドマ内

shunさん、
ドマ内を少しずつ手を加えております。

ドマカフェ入ってすぐの跳び箱前に
ドマショップ作ります。
まずは枠造作中。
これから
ヤスリ、
塗って、
照明付けの準備
そして
もうちょっと高い位置に設置します。

商品ぼちぼち
決めます。

裏庭雪


三瓶は朝未明から雪。
それもかなり本気な降り方。
外はうす暗くて、けっこう寒い。
こんなとき思い出すことがある。
 
まず「シャイニング」という映画。
深い雪に閉ざされる冬のあいだホテルの管理人に雇われたジャックという男がしだいに常軌を逸した行動をとっていく話。

この暗さといい、この閉塞感といい、まるであの映画。 
ジャックの気持ちわかる気がする。

もうひとつは、小さいころ家族で八丈島という島に住んだことがある。
日本のハワイといわれるくらい雪になじみのないところ。
でも一回雪が降ったのを覚えている。

ある朝、雪が降っているのを知って飛び起きた。
住んでいた高台にある教員住宅のすぐ下の校庭が真っ白で、
それを見たとたんよく読んでもらった「さむがりやのサンタ」や「てぶくろ」などの雪にまつわる絵本の話が急に目の前で本当のことになったこと、そして空想してた一部が自分の中から飛び出しちゃった、あの雪の朝のことを考えるとすごくいい思い出。

シャイニングも好きな映画だし、こんな過去もあり意外と雪を憎んでない。(shun)

薪
東京からここに来て出来ることが一気にふえた。
(必要に迫られたんですけど)
大工仕事や草刈り、料理、車の整備、カフェ経営。
そしてストーブに使う薪作りもそのひとつ。

アメリカでは薪ストーブにかかわる人は3回暖められると言われているらしい。
一回目は薪割りをするとき、
2回目はその薪を運ぶとき、
最後はその薪で家を暖めるとき。
(じぶんの場合その熱でお茶をつくり飲む場合もあるので計4回暖めを独占)

こんな楽しみもありつつ、
今日はちがう場所で乾燥させていた薪、軽トラいっぱい(100キロ以上)をカフェに運びました。
(shun)

↑このページのトップヘ